燃費のことを考えた車「トヨタイスト」

ist(イスト)は使い勝手のよい
5人乗りのクロスオーバーコンパクトカーです。

ベースになっているのはヴィッツで
北米では「サイオン」欧州では「アーバンクルーザー」の名前で販売されています。
1
2
大きなタイヤとSUV風のハッチバックボディを被せた作りになっており
気になる燃費は、2WD車で17.2km/L、4WD車で15.0km/Lです。

コンパクトカーであるわりには小回りがきかないようです。
細かいショックでも伝わりやすいなどといった評価も見られました。

エコドライブインジケーターランプが搭載されているので
環境に優しい運転ができているかをチェックすることができます。

自分がエコドライブしているか気になる人には
うれしい機能ですね。

アクセルの踏み込み量、エンジンやトランスミッションの効率をはじめ
走行速度・加速度から総合的に判断し、て
燃費効率の良い走りができている時にランプが点灯します。

こちらは10万円から15万円の値引きもめずらしくなく
それ以上の値引きも見込めそうな車です。
オプション品などもふくめじっくりと交渉してみましょう!

女性ユーザーがターゲット、トヨタ「パッソ」は楽しい車

1
CMでも思わず口ずさんでしまうプチトヨタのキャッチフレーズでお馴染み
トヨタの大人気のコンパクトカーが「パッソ」です。

女性ユーザーをターゲットにした仕様となっていて
トヨタの女性スタッフによる女性目線のクルマ作りを実践した1台なのです。
内外装もかわいいもの大好きな女性を意識して作られています。

パワーユニットは直4 1.3Lエンジン
直3 1.0Lエンジンの2本立て。

細かいところにまで気を配った装備は
女性の心をうまくつかんでいます。

特に女性ユーザーを意識した+Hana(プラスハナ)のモデルでは
フロントベンチシートがついており
まるでリビングのソファのような居心地の良さになっています。
2
リヤシートに置いた荷物が床に落ちないように
後席の座面をフロント側に引き出せるロングクッションモードにもできます。

ほかのモデルにはない魅力的な装備をはじめとして
最小回転半径4.3mと小回りがきくところも
リーズナブルなプライスも女性には嬉しい限りですね。

コンパクトカー選びにトヨタの「ヴィッツ」は外せません

ハイブリッドカーにも匹敵するほどの低燃費さが売りである
背の低いコンパクトカー。

排気量の割に重量が軽いので上り坂でも、
力強い走り、かつ街中でもスムーズな運転ができるのが
コンパクトカーの魅力でもあります。

コンパクトカー選びにトヨタの「ヴィッツ」を
その候補にいれる人はとても多いはずです。

アイドリングストップの搭載により燃費性能の評価が高く
他社のコンパクトカーに比べボディーが軽いから、
力強い走りと、走行時の安定感を感じることができると
ユーザーからも定評のある一台です。
1
2
車の形状が他社の車よりもコンパクトに形成されているので、
小回りや、駐車時なども軽快に運転することができ
低価格のコンパクトカーとして、常にユザーに絶大な人気を誇っているので
下取りも常に高額が期待できそうです。

乗り心地や、内装の質感を重視してる人には
あまりお勧めではない車かもしれません。

コンパクトボディーの車全般にいえることかもしれませんが
乗り回しはききますが、車内の天井や足元が狭いというデメリットもありますね。

自分の一番求めるものは何かをよく考えて車を選びたいですね。

女性にいちおしのトヨタの「アクア」の人気の秘密とは

コンパクトカーを検討中の女性にいちおし。
現在のコンパクトカーの売れ筋一番人気はトヨタの「アクア」です!
1
インテリアの色やデザインにこだわる人が多い女性にはもちろん
世界ナンバー1の低燃費でガソリンスタンドに行くのが苦手…
という女性にもオススメできます。

なんといっても人気の秘密は、
その圧倒的な燃費の良さと安い価格にあります。
エコブームと経済的な背景にまさにぴたっとニーズが合った一台なんですね。

その価格帯は169万~185万円とプリウスの新車価格217万~334万円を大きく下回ります。
コレはアクアにとって非常に強みです。

新車価格が50万近く安い上に燃費の良さも文句なし、
とくれば誰もが飛びついてしまいますね。

2
軽自動車は確かに維持費の面では安く済ませられますが
購入時の価格や長い目でみた燃費については
アクアのような車がリードしていますね。

交渉次第では、10万円くらいの値引きが可能なようです。
増税前の今が購入の最後のベストタイミングかもしれません!!

Go to top