新型MINIクラブマンがついに4ドアに!

新型MINIがついに2014年の4月発売されることで話題沸騰中ですが、それに続いて発売されるのが、別グレードのクラブマンだ。

クラブマンといえば官能開きのトランク、後席ドアで有名だが、今回発売されるクラブマンはトランクの官能開きは継承されるが、後席ドアはどうやら4ドアでリリースされるらしい。

前作までの後席ドアはMINIらしくて良かったのだが、どうも日本人には使い勝手が悪くあまり好評ではなかったので、ファンにとっては嬉しいことなのかもしれない。

それと共に大きく変わるのが、ボディサイズだ。
現行のクラブマンに比べて全長で243mm長くなり、車幅が159mmワイドになるとのこと。

もう、MINIという面影がないのかというくらいワイド。
その分室内が広くなりより実用的になれば、それはそれでいいかもしれませんね。

まだコンセプトの段階なのでなんともいえませんが、室内のインテリアデザインは新型MINIとほぼ同じとのこと。
ただし、ダッシュパネルは外装のカラーと同色になる。

そして、今回のクラブマンの新たな特徴としてラゲッジのフロア下に収納スペースを備えており、機能性が向上した。

このままこの使い勝手のいい新型クラブマンがリリースされれば、これまで機能的な面で購入を諦めていた方など新たな層を取り込めそうですね。
新型の購入資金を多くするために下取りに出す人が多いですが、車 下取りどこがいいなんてわからないので、買取店での売却をオススメします。

新車の値引きの限界って本当はどの位?

新車を購入する時、多くの方が試みる値引き交渉。
最近では値引きについての情報が、雑誌やインターネット上で飛び交っているので、大分敷居も低くなったように感じられます。

値引きといえば、
「本体値引き、オプション値引き」
あと、ひとつ交渉術として
「ライバル車競合」
があります。

これらを駆使して、最大限値引きを引き出す訳です。
で、実際の値引き額はどうなのでしょう。

例えば、雑誌等に書いてある目標値引き額を超えることは可能なのか?

購入する車種にもよりますが、おそらく目標値を超えることは出来ます。

流石に、大幅に10万円、20万円は値引くことは難しいですが、オプションを沢山つけて、競合比較を持ち出せば、ソコソコいけます。

それと、値引きも時期的なものや決算月など色々条件が変わると上下するものですので、雑誌の値引き相場は案外ハズレることもあるんです。

ですから、まずはどの位値引きが出来るか?を聞いて、目標値以下であれば、雑誌に書いてあるような交渉術を試すことで、限界の値引き額で新車を購入することが可能になるでしょう。

また、どうしても値引き交渉が苦手だという方は、下取り車をあえて買取専門業者に査定に出しましょう。
これが意外と効いてくれるので。

どちらにせよ、新車は高い買い物ですから、しっかり時間をかけて一番安く購入できる術を模索して実践するようにしましょう。
ちなみに、車を一番高く売る方法を駆使すれば新車はもっと安く購入できます。

Go to top